当機構について

ミッション

生涯学習社会の実現のため、社会から信頼され、安心できる検定試験の普及を目指します。

少子高齢化が急速に進む中で、持続した活力ある社会の構築が求められていますが、そのためには、国民の誰もが年齢・性別・学歴等に関係なくいつでもチャレンジできる生涯学習社会の実現が不可欠です。私たちはいつでもだれでもが学び直す機会が保障できる社会を目指し、その学習成果が適切に評価・活用される社会の実現を目指します。そして、生涯学習社会の実現に検定試験はその一翼を担っています。検定試験の現況は、年少者から高齢者までの幅広い年齢層が受検し、学習目的も趣味・教養・教育・進学・就職・昇進・転職等さまざまです。個人の学習の成果が社会的に信頼され活用されるように、検定試験の質と信頼性の向上を目指します。

事業内容

1.検定試験等の質的向上および普及促進事業

社会から信頼され、安心して受検できるよう検定試験の質的向上およびその普及活動を行います。

  • 質的向上委員会の設置と開催、会員募集
  • 実施団体からの相談業務
  • HPや会員通信等での検定試験活用についての情報発信

2.検定試験等に関する調査、研究事業

検定試験実施等で重要とされる項目を共有し、社会から信頼され、安心して受検できる検定試験の在り方を研究する調査研究事業を行います。 調査研究委員会の設置と開催

3.検定試験等に関する集会の開催事業

実績のある検定実施団体の実施方法、審査基準および過去に発生した問題とその解決方法等を普及するため、学識経験者の指導なども得ながら、各団体が相互に研鑽する場を設け、民間検定等の質の向上促進を図る研修事業を行います。

  • 研修会・講演会の開催
  • 交流会・情報交換会の開催

4.検定試験等の評価に関する事業

我が国における検定試験等を、世界トップレベルの教育評価、テスト理論に基づき審査・評価する各種審査委員会を組織し、その委員会で厳格な審査を行うことで、国民が安心して検定試験を受検できる審査事業を行う。

ページの先頭へ