最新情報

「価格改定」【新型コロナ感染症対応】試験会場運営評価価格引き下げのご案内

12月7日付けで発表しました「民間検定試験等の実施における新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン」(以下「新型コロナ対策ガイドライン」)の改定に合わせて、【新型コロナウイルス感染症対応】会場運営評価*(以下「新型コロナ対応会場評価」 下記リンク参照)の事前審査料金30万円を半額15万円に引き下げました。(消費税別)

*:【新型コロナウイルス感染症対応】会場運営評価実施のご案内

今回の「新型コロナ対策ガイドライン」改定では、内閣官房及び文部科学省のPDCA実施推奨の方針を受け、当機構が公表している【新型コロナウイルス感染症対応】会場運営評価事前審査シート**等を活用した自己評価の実施や客観的な評価による信頼性向上を目的とする「新型コロナ対応会場評価」等の第三者評価受審を推奨しています。

**:【新型コロナ対応】会場運営評価_事前審査シート_2101

当機構はその方針を受け、第三者評価である「新型コロナ対応会場評価」の受審推奨施策として「新型コロナ対応会場評価」の事前審査料金30万円の半額(15万円)を当機構で負担することを決定しました。

また、この事前審査は合格後3年間有効ですので、その後は1試験会場につき6万円のご負担のみで随時、「新型コロナ対応会場評価」を受診することが可能になります。

コロナ禍下における検定試験の安定的な継続実施のために、ガイドラインの遵守とともに、「新型コロナ対応会場評価」の受審をご検討下さい。

■「新型コロナ対応会場評価」価格引き下げ後料金と従来料金の比較(消費税別)

価格引き下げ後料金 従来料金
会場運営評価申請料 1万円 同左
事前審査料 15万円(3年間有効) 30万円(同左)
試験会場実地監査料 6万円/1会場 同左
評価結果登録料 2万円 同左

 

■お問い合わせ・お申込み
特定非営利活動法人全国検定振興機構
 担当者:上阪 s-kosaka@zenken.or.jp
     宮城 y-miyagi@zenken.or.jp

<<前のページに戻る

ページの先頭へ