団体正会員(加盟団体)一覧

団体正会員(加盟団体)一覧

当機構加盟団体の概要をご覧頂けます。

特定非営利活動法人 国際市民交流のための イタリア語検定協会

本協会は、個人の語学能力を客観的に認定してもらいたいという学習者の要望に応えて、1995年以来毎年春と秋の2回、国内13都市とイタリアの2都市において検定試験を実施してきました。
本協会は、これまで実施してきたイタリア語検定試験を継続し、イタリア語学習の一助となるとともに、イタリア語よるボランティア活動などを希望する人の紹介や通訳などの社会活動の紹介を行い、日本とイタリアの観光、文化、芸術、スポーツ、学術研究などにおける人材交流おいて、“ことば”の面から支援・貢献することを期すものです。

自己評価シート
一般社団法人 日本児童英語振興協会

1978年の設立以来、JAPEC児童英検をはじめ、教材の研究開発、出版、国際交流プログラムなどさまざまな活動を行ってきた。中でも、日本で最も長い伝統をもつJAPEC児童英検は「聞く」「話す」を中心とした楽しい英語の力だめしとして、高い社会的評価を受けてきている。

学校法人香川栄養学園

1963年に女子栄養大学調理技術検定として発足、1987年に文部科学省認定(現在は後援)となり、30年目を迎えます。
この検定は、健全な食生活を支える家庭料理に係る技能の普及を図り、その振興を期するとともに、健康と食生活の向上、食育の推進に資することを目的としています。

自己評価シート
公益財団法人画像情報教育振興協会

画像情報分野における人材育成と文化振興を図り、学術・教育・文化の向上に寄与することを目的に、次の3つの方針を基軸に事業活動を行っています。 人材育成においては、画像情報分野の人材の基礎力向上、そして体系的な知識とスキルを身につけた優れた人材を世界に送り出します。そのことにより学術や産業の発展に貢献します。
文化振興においては、メディア環境の変化のなかで生まれる新たな才能や、新しい分野を見出し、社会につなげます。そのことにより日本の新しい文化の振興を図ります。
公益法人に求められるガバナンス体制で社会の信頼を得た永続的な活動を行います。

自己評価シート
株式会社教育測定研究所

株式会社教育測定研究所は、教育分野における正しい教育測定技術(テスティング)の研究開発およびその成果である正しいテスト法の流布・流通を通して、効果的な教育の実践、ひいては個人個人の能力の発展に寄与していきます。

自己評価シート
一般社団法人金融検定協会

89年7月、銀行研修社の全額出資で設立。03年6月、内閣府承認特定非営利活動法人に法人化、12年7月、一般社団法人に改組。金融機関行職員のキャリアアップを目的とした試験や、顧客に対するアドバイス等に役立つ試験を実施。

株式会社サーティファイ

民間の資格検定専門会社として、多様化する人材ニーズに対応した7分野24種の資格検定試験を主催しています。単純知識や操作能力といった”知っていること”だけではなく、ビジネスシーンにおいて何ができるかという”できること”を評価する「即戦力を証明する試験」を提供しています。

株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ

CBTS(シー・ビー・ティ・ソリューションズ)は、国家試験から多くの検定、社内試験や採用試験まで、150以上の試験団体様のシステム構築から全国での試験運営(CBT、マークシート試験)および試験分析サービス等を行っています。当社の持っているノウハウを活用し、より良い検定運営が実施される様に貢献していきたいと考えています。

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

当社は、約20年にわたり、数多くの試験現場運営の実績があります。
「試験運営最適化」をキーワードに試験当日の運営に限らず、
受付・事務局業務、会場調査・手配業務、各種制作物業務、採点等々まで、
様々なサービスをワンストップでご提供いたします。
日本全国を網羅するJTBグループネットワークで全国での試験開催を強力にサポートします。
「想像を超えた、創造を。」をブランドスローガンにお客様の想いの先を実現します。

株式会社JTB総合研究所

旅行地理検定試験は旅先の知識を豊かにし、旅をより楽しく充実したものにすることを目的とした検定試験です。旅行愛好家や旅行会社・関係企業・団体の多くの皆様から 「地理検」 として親しまれています。

公益社団法人色彩検定協会

1976年に日本の服飾文化の向上発展に寄与することを目的として発足。1986年に文部科学省、2012 年に内閣府から公益法人認定を受け色彩検定協会へ名称変更。色彩について理論的、実践的に習得できる色彩検定を実施。

自己評価シート
公益財団法人実務技能検定協会

公益財団法人実務技能検定協会は,ビジネス実務に関する技能検定の実施により,ビジネス実務に対する学習意欲の喚起,職業教育の充実,および職業人の職業技能の向上に寄与することを目的に設立(1972年設立)。

自己評価シート
特定非営利活動法人(NPO法人)世界遺産アカデミー

世界遺産の保護・保全の重要性の啓発活動を通して社会に貢献することを目的に2005年より活動をスタートしました。主力事業のひとつに当アカデミーが主催する「世界遺産検定」があります。2006年より始まった検定は現在12万人超が受検し、6万人以上が認定されています。

自己評価シート
株式会社全国試験運営センター

全国試験運営センターは試験運営に必要な受付業務・事務局業務、試験問題作成、試験実施(会場手配・スタッフ人選)、採点処理をワンストップで対応出来る会社です。
試験経験豊富な全国3万5千人の運営スタッフ、きめ細かな会場管理ノウハウで試験運営をサポートしたいと考えております。

一般社団法人全国農協観光協会

小中学生をはじめ、広く一般の方に「良き農業の理解者・応援団」になっていただきたいという思いで、平成25年度から開始した日本農業検定ですが、その内容については「栽培」「農業全般」「環境」「食」の4分野の基礎的な知識の習得を目指しています。

自己評価シート
一般社団法人全日本SEO協会

検索エンジンを活用した集客技術の普及活動をしています。全国各地でのセミナー、検定試験の開催、会員サービス等を通じて企業と個人がWebサイトの価値を高めることにより低コストで新規客を獲得するための教育事業を推進します。

一般財団法人中央工学校生涯学習センター

一般財団法人 中央工学校生涯学習センターは、1963年に設立され、文部科学省認定 社会通信教育の各種講座を開講し、1972年からは、文部科学省後援「トレース技能検定試験」等を実施している団体です。

自己評価シート
公益財団法人日本編物検定協会

本協会の毛糸編物・レース編物技能検定は、編物に関する知識・技能を一定の審査基準に従って判定する試験です。生涯にわたり学び続けることにより、豊かさ・生きがいへと繋がっていきます。

自己評価シート
公益財団法人日本英語検定協会

「実用英語技能検定」等の英語能力判定事業のほか、様々な機会を通じて、実用英語の研修・教育事業やその普及向上に繋がる事業への助成等を行い、もって実用英語の習得及び普及向上に寄与することを目的とした法人である。

自己評価シート
一般社団法人日本カラリスト協会

色が視覚に訴える影響力は89%といわれています。当協会は色彩に関する調査、研究とともに、色彩の教育、知識や技術向上に努め、心身の健全な発展により国民生活文化の向上に寄与することを目的に活動しています。

公益財団法人日本漢字能力検定協会

当協会は、「普及啓発・支援活動」「調査・研究活動」「日本語能力育成活動」等の公益事業活動を柱に、日本語・漢字を学ぶ楽しさを提供し、豊かな社会の実現に貢献してまいります。

自己評価シート
一般社団法人日本健康生活推進協会

健康は専門家に頼るだけでなく、自分たちで守る時代。いつまでも若々しく健康で暮らすための知識やスキル=健康リテラシーは、いまやウェルネス業界や健康・医療従事者のみならず、広く一般の方々にも求められているといえます。
「日本健康マスター検定」は、地域&職域の健康増進やヘルスケア関連業務担当者のキャリアアップに使える、健康リテラシー向上のための検定です。

公益社団法人日本工業英語協会

公益社団法人日本工業英語協会は、1980年に工業英語の正しい理解と普及を図るため、工業英語に関する検定試験をはじめ、工業英語に関する講習会、通信教育、出版物の刊行および調査研究を実施し、もって海外諸国との技術交流の円滑な発展に寄与することを目的に設立。

自己評価シート
特定非営利活動法人日本語検定委員会

日本語検定は、日本人の日本語力を高めることを目的として、検定試験は毎年6月と11月の年2回、各2日間実施している。試験問題は敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字の6領域と総合問題から成り、総合問題は長文を題材にした問題、グラフや表、イラストマップを使った問題となっている。

自己評価シート
日本情報産業株式会社

NII 日本情報産業株式会社は、1969年の創業以来、技術と想像力を拠所とし、細分化する検定試験分野においてIT技術でイノベーションしてきました。これからも、使う方々の気持ちになって少しずつではありますが止まらず進化してまいります。

一般財団法人日本書写技能検定協会

本協会は昭和38年11月8日に設立された歴史ある検定です。硬筆・毛筆書写技能検定は文部科学省の後援をいただき、自己の書写能力を知ることができ、資格として履歴書に明記できるわが国で唯一の硬筆・毛筆の書写検定試験です。

自己評価シート
一般社団法人 日本心理学諸学会連合

本検定は、大学・学部卒業レベルの心理学の知識・能力の客観的到達度を認定する検定試験である。用途としては、個人が心理学の知識・能力の到達度を知ること以外に、心理学の基礎資格として、大学院の入学試験、心理学関連の諸資格の認定、あるいは公的機関や企業等での専門知識の証明として利用されることなどを目指している

公益財団法人日本数学検定協会

公益財団法人 日本数学検定協会は、数学への興味喚起と数学力の向上を目的として数学に関する検定事業(実用数学技能検定<算数検定・数学検定>およびビジネス数学検定)やその調査研究、さらに書籍の発行や数学の楽しさ、大切さを啓発するイベントの開催など、各種公益事業を推進しています。

自己評価シート
公益財団法人日本スペイン協会

公益財団法人日本スペイン協会は1965年、スペイン語圏23カ国との友好親善を目的に設立され、1973年に検定を開始。同じ文化圏のメキシコ・中南米が急速発展し、語学資格をもつ人材の活躍の場は広がる一方。

自己評価シート
日本通信紙株式会社

弊社は、ビジネスフォームの印刷会社です。その為、試験に必要な受験票・解答用紙・試験問題等の印刷~合否発送までの一連の業務を「一社責任」で受託しています。試験の主催団体・担当者様への業務負担を極力軽減し、試験がスムースに運営できるよう体制を整えています。具体的には、事務局代行業務(受験申請書(願書)の受付、内容審査、受験者データ作成)、受験票の作成・発送、試験資材作成・梱包(問題用紙、解答用紙、各種掲示物、文房具等)、試験会場の確保、試験会場運営、採点処理、合格通知・合格証の作成・発送及び試験業務に必要なプログラム開発までを受託しています。

日本謎解き能力検定協会

我々は、「リアル脱出ゲーム」を企画制作する㈱SCRAPを母体として設立された組織です。謎解きへの興味喚起と謎解き力向上を目的として「謎検」の運営を行なっています。
謎解き力とは、可能性を探る力です。一つの問いを解くためには、様々な考え方やアプローチが必要になります。しかし、正解は一つしかありません。ならば、どれだけたくさんの考え方やアプローチを思いつけるか──これが謎解き力の本質です。
仕事、学習、遊び、恋愛、生活、どれにおいても「どれだけたくさんの“解”の可能性を思いつけるか」以上に大切なことはないでしょう。その力を測るのが「謎検」です。創造性を伸ばし、日常生活を豊かにしたいと思っている、全ての方の受検をお待ちしています。

特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会、株式会社毎日教育総合研究所

特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会は、ニュース検定をはじめとする様々な事業を行い、文字活字文化の発展及び生涯学習の振興に寄与すること、株式会社毎日教育総合研究所は、向上意欲を支援する様々なサービスを通じて、付加価値の高いソリューションを提供することを目的に2007年設立。

自己評価シート
特定非営利活動法人日本パーソナルカラー協会(略称:JPCA)

当協会のパーソナルカラーは、「似合う・似合わない」にとどまらず、「なりたい自分を演出する色」としてファッションや美容、商品企画など広い分野で活用できる「色彩効果」を提唱し、オリジナル理論(特許取得)普及のために検定試験を実施しています。

自己評価シート
一般財団法人日本福祉力検定協会

一般財団法人日本福祉力検定協会は、ノーマリゼーション社会を理想の社会と掲げ、誰にとっても生きやすい社会づくりに寄与するために、2014年10月より福祉力検定3級、2015年10月より福祉力検定2級をスタートさせ、2016年1月より試験が全国で受検できるようになりました。福祉力検定は、多岐にわたる福祉の世界をスモールステップで効率よく学ぶことができます。福祉に興味を持ち、これから身に付けたいと思っている方であれば、年齢や福祉経験など問わず、どなたでも受検が可能な新しい福祉の検定です。

ピアソンVUE

ピアソンVUEは、CBT業界のリーダーであるべく最先端のセキュリティ手法とテクノロジーを活用しながら世界中の約480に上る認定団体の資格試験を日々配信しています。
生体認証を含む厳格な本人確認、業界最先端の試験配信および採点テクノロジー、遠隔監視システム等、ピアソンVUEならではの付加価値あるサービスを多くの認定団体に提供しています。

一般財団法人 福祉サービス評価機構

SEO財団(福祉サービス評価機構)は、1997年創立の調査研究及びその成果に基づく教育研修、評価を行う非営利の法人です。取引先の大半が全国の自治体であり2府24県51市町村9広域、事務組合と首都圏から九州・沖縄まで広がっています。近年、中国上海の国立復旦大学と提携し、東アジアでの展開も行っています。

公益財団法人フランス語教育振興協会

当協会は、実用フランス語に関する技能検定試験および日本におけるフランス語・フランス文化普及のための事業を行い、もって日本の文化の発展に寄与することを目的とします。

自己評価シート
一般社団法人 プレゼンテーション検定協会 (略称:ACEP)

当協会は、世界の人たちが「伝え合う力」を向上させ、創造的で豊かな社会を築き上げることに貢献する目的で設立しました。“プレ検”は、2007年に創設され、10年間継続的に提供し、実施回数は80回以上になりました。現在では、インターネット受検により、毎月、受検期間内は24時間受検ができます。受検者は、社会人に加え、大学生・高校生も増加しています。
“プレ検”は、生きる力でもあるコミュニケーションに不可欠な「伝える力」を“見える化”できる検定制度です。

プロメトリック株式会社

プロメトリックは、CBT配信サービス及び試験開発支援サービスのリーディングカンパニーとして、25年以上にわたり国家試験やプロフェッショナル向け試験において、全世界延べ1億人以上、国内でも1,500万人以上の方々にCBT試験運営サービスを提供しています。また、当社株主のETS(TOEFL等の主催者で世界最大の非営利テスト開発機関)とともに、最先端の試験品質評価や試験開発に関するノウハウを提供しています。

特定非営利活動法人 国際市民交流のための イタリア語検定協会

本協会は、個人の語学能力を客観的に認定してもらいたいという学習者の要望に応えて、1995年以来毎年春と秋の2回、国内13都市とイタリアの2都市において検定試験を実施してきました。
本協会は、これまで実施してきたイタリア語検定試験を継続し、イタリア語学習の一助となるとともに、イタリア語よるボランティア活動などを希望する人の紹介や通訳などの社会活動の紹介を行い、日本とイタリアの観光、文化、芸術、スポーツ、学術研究などにおける人材交流おいて、“ことば”の面から支援・貢献することを期すものです。

自己評価シート
学校法人香川栄養学園

1963年に女子栄養大学調理技術検定として発足、1987年に文部科学省認定(現在は後援)となり、30年目を迎えます。
この検定は、健全な食生活を支える家庭料理に係る技能の普及を図り、その振興を期するとともに、健康と食生活の向上、食育の推進に資することを目的としています。

自己評価シート
公益財団法人画像情報教育振興協会

画像情報分野における人材育成と文化振興を図り、学術・教育・文化の向上に寄与することを目的に、次の3つの方針を基軸に事業活動を行っています。 人材育成においては、画像情報分野の人材の基礎力向上、そして体系的な知識とスキルを身につけた優れた人材を世界に送り出します。そのことにより学術や産業の発展に貢献します。
文化振興においては、メディア環境の変化のなかで生まれる新たな才能や、新しい分野を見出し、社会につなげます。そのことにより日本の新しい文化の振興を図ります。
公益法人に求められるガバナンス体制で社会の信頼を得た永続的な活動を行います。

自己評価シート
株式会社教育測定研究所

株式会社教育測定研究所は、教育分野における正しい教育測定技術(テスティング)の研究開発およびその成果である正しいテスト法の流布・流通を通して、効果的な教育の実践、ひいては個人個人の能力の発展に寄与していきます。

自己評価シート
一般社団法人金融検定協会

89年7月、銀行研修社の全額出資で設立。03年6月、内閣府承認特定非営利活動法人に法人化、12年7月、一般社団法人に改組。金融機関行職員のキャリアアップを目的とした試験や、顧客に対するアドバイス等に役立つ試験を実施。

株式会社サーティファイ

民間の資格検定専門会社として、多様化する人材ニーズに対応した7分野24種の資格検定試験を主催しています。単純知識や操作能力といった”知っていること”だけではなく、ビジネスシーンにおいて何ができるかという”できること”を評価する「即戦力を証明する試験」を提供しています。

株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ

CBTS(シー・ビー・ティ・ソリューションズ)は、国家試験から多くの検定、社内試験や採用試験まで、150以上の試験団体様のシステム構築から全国での試験運営(CBT、マークシート試験)および試験分析サービス等を行っています。当社の持っているノウハウを活用し、より良い検定運営が実施される様に貢献していきたいと考えています。

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

当社は、約20年にわたり、数多くの試験現場運営の実績があります。
「試験運営最適化」をキーワードに試験当日の運営に限らず、
受付・事務局業務、会場調査・手配業務、各種制作物業務、採点等々まで、
様々なサービスをワンストップでご提供いたします。
日本全国を網羅するJTBグループネットワークで全国での試験開催を強力にサポートします。
「想像を超えた、創造を。」をブランドスローガンにお客様の想いの先を実現します。

株式会社JTB総合研究所

旅行地理検定試験は旅先の知識を豊かにし、旅をより楽しく充実したものにすることを目的とした検定試験です。旅行愛好家や旅行会社・関係企業・団体の多くの皆様から 「地理検」 として親しまれています。

公益社団法人色彩検定協会

1976年に日本の服飾文化の向上発展に寄与することを目的として発足。1986年に文部科学省、2012 年に内閣府から公益法人認定を受け色彩検定協会へ名称変更。色彩について理論的、実践的に習得できる色彩検定を実施。

自己評価シート
公益財団法人実務技能検定協会

公益財団法人実務技能検定協会は,ビジネス実務に関する技能検定の実施により,ビジネス実務に対する学習意欲の喚起,職業教育の充実,および職業人の職業技能の向上に寄与することを目的に設立(1972年設立)。

自己評価シート
特定非営利活動法人(NPO法人)世界遺産アカデミー

世界遺産の保護・保全の重要性の啓発活動を通して社会に貢献することを目的に2005年より活動をスタートしました。主力事業のひとつに当アカデミーが主催する「世界遺産検定」があります。2006年より始まった検定は現在12万人超が受検し、6万人以上が認定されています。

自己評価シート
株式会社全国試験運営センター

全国試験運営センターは試験運営に必要な受付業務・事務局業務、試験問題作成、試験実施(会場手配・スタッフ人選)、採点処理をワンストップで対応出来る会社です。
試験経験豊富な全国3万5千人の運営スタッフ、きめ細かな会場管理ノウハウで試験運営をサポートしたいと考えております。

一般社団法人全国農協観光協会

小中学生をはじめ、広く一般の方に「良き農業の理解者・応援団」になっていただきたいという思いで、平成25年度から開始した日本農業検定ですが、その内容については「栽培」「農業全般」「環境」「食」の4分野の基礎的な知識の習得を目指しています。

自己評価シート
一般社団法人全日本SEO協会

検索エンジンを活用した集客技術の普及活動をしています。全国各地でのセミナー、検定試験の開催、会員サービス等を通じて企業と個人がWebサイトの価値を高めることにより低コストで新規客を獲得するための教育事業を推進します。

一般財団法人中央工学校生涯学習センター

一般財団法人 中央工学校生涯学習センターは、1963年に設立され、文部科学省認定 社会通信教育の各種講座を開講し、1972年からは、文部科学省後援「トレース技能検定試験」等を実施している団体です。

自己評価シート
一般社団法人 日本児童英語振興協会

1978年の設立以来、JAPEC児童英検をはじめ、教材の研究開発、出版、国際交流プログラムなどさまざまな活動を行ってきた。中でも、日本で最も長い伝統をもつJAPEC児童英検は「聞く」「話す」を中心とした楽しい英語の力だめしとして、高い社会的評価を受けてきている。

公益財団法人日本編物検定協会

本協会の毛糸編物・レース編物技能検定は、編物に関する知識・技能を一定の審査基準に従って判定する試験です。生涯にわたり学び続けることにより、豊かさ・生きがいへと繋がっていきます。

自己評価シート
公益財団法人日本英語検定協会

「実用英語技能検定」等の英語能力判定事業のほか、様々な機会を通じて、実用英語の研修・教育事業やその普及向上に繋がる事業への助成等を行い、もって実用英語の習得及び普及向上に寄与することを目的とした法人である。

自己評価シート
一般社団法人日本カラリスト協会

色が視覚に訴える影響力は89%といわれています。当協会は色彩に関する調査、研究とともに、色彩の教育、知識や技術向上に努め、心身の健全な発展により国民生活文化の向上に寄与することを目的に活動しています。

公益財団法人日本漢字能力検定協会

当協会は、「普及啓発・支援活動」「調査・研究活動」「日本語能力育成活動」等の公益事業活動を柱に、日本語・漢字を学ぶ楽しさを提供し、豊かな社会の実現に貢献してまいります。

自己評価シート
一般社団法人日本健康生活推進協会

健康は専門家に頼るだけでなく、自分たちで守る時代。いつまでも若々しく健康で暮らすための知識やスキル=健康リテラシーは、いまやウェルネス業界や健康・医療従事者のみならず、広く一般の方々にも求められているといえます。
「日本健康マスター検定」は、地域&職域の健康増進やヘルスケア関連業務担当者のキャリアアップに使える、健康リテラシー向上のための検定です。

公益社団法人日本工業英語協会

公益社団法人日本工業英語協会は、1980年に工業英語の正しい理解と普及を図るため、工業英語に関する検定試験をはじめ、工業英語に関する講習会、通信教育、出版物の刊行および調査研究を実施し、もって海外諸国との技術交流の円滑な発展に寄与することを目的に設立。

自己評価シート
特定非営利活動法人日本語検定委員会

日本語検定は、日本人の日本語力を高めることを目的として、検定試験は毎年6月と11月の年2回、各2日間実施している。試験問題は敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字の6領域と総合問題から成り、総合問題は長文を題材にした問題、グラフや表、イラストマップを使った問題となっている。

自己評価シート
日本情報産業株式会社

NII 日本情報産業株式会社は、1969年の創業以来、技術と想像力を拠所とし、細分化する検定試験分野においてIT技術でイノベーションしてきました。これからも、使う方々の気持ちになって少しずつではありますが止まらず進化してまいります。

一般財団法人日本書写技能検定協会

本協会は昭和38年11月8日に設立された歴史ある検定です。硬筆・毛筆書写技能検定は文部科学省の後援をいただき、自己の書写能力を知ることができ、資格として履歴書に明記できるわが国で唯一の硬筆・毛筆の書写検定試験です。

自己評価シート
一般社団法人 日本心理学諸学会連合

本検定は、大学・学部卒業レベルの心理学の知識・能力の客観的到達度を認定する検定試験である。用途としては、個人が心理学の知識・能力の到達度を知ること以外に、心理学の基礎資格として、大学院の入学試験、心理学関連の諸資格の認定、あるいは公的機関や企業等での専門知識の証明として利用されることなどを目指している

公益財団法人日本数学検定協会

公益財団法人 日本数学検定協会は、数学への興味喚起と数学力の向上を目的として数学に関する検定事業(実用数学技能検定<算数検定・数学検定>およびビジネス数学検定)やその調査研究、さらに書籍の発行や数学の楽しさ、大切さを啓発するイベントの開催など、各種公益事業を推進しています。

自己評価シート
公益財団法人日本スペイン協会

公益財団法人日本スペイン協会は1965年、スペイン語圏23カ国との友好親善を目的に設立され、1973年に検定を開始。同じ文化圏のメキシコ・中南米が急速発展し、語学資格をもつ人材の活躍の場は広がる一方。

自己評価シート
日本通信紙株式会社

弊社は、ビジネスフォームの印刷会社です。その為、試験に必要な受験票・解答用紙・試験問題等の印刷~合否発送までの一連の業務を「一社責任」で受託しています。試験の主催団体・担当者様への業務負担を極力軽減し、試験がスムースに運営できるよう体制を整えています。具体的には、事務局代行業務(受験申請書(願書)の受付、内容審査、受験者データ作成)、受験票の作成・発送、試験資材作成・梱包(問題用紙、解答用紙、各種掲示物、文房具等)、試験会場の確保、試験会場運営、採点処理、合格通知・合格証の作成・発送及び試験業務に必要なプログラム開発までを受託しています。

日本謎解き能力検定協会

我々は、「リアル脱出ゲーム」を企画制作する㈱SCRAPを母体として設立された組織です。謎解きへの興味喚起と謎解き力向上を目的として「謎検」の運営を行なっています。
謎解き力とは、可能性を探る力です。一つの問いを解くためには、様々な考え方やアプローチが必要になります。しかし、正解は一つしかありません。ならば、どれだけたくさんの考え方やアプローチを思いつけるか──これが謎解き力の本質です。
仕事、学習、遊び、恋愛、生活、どれにおいても「どれだけたくさんの“解”の可能性を思いつけるか」以上に大切なことはないでしょう。その力を測るのが「謎検」です。創造性を伸ばし、日常生活を豊かにしたいと思っている、全ての方の受検をお待ちしています。

特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会、株式会社毎日教育総合研究所

特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会は、ニュース検定をはじめとする様々な事業を行い、文字活字文化の発展及び生涯学習の振興に寄与すること、株式会社毎日教育総合研究所は、向上意欲を支援する様々なサービスを通じて、付加価値の高いソリューションを提供することを目的に2007年設立。

自己評価シート
特定非営利活動法人日本パーソナルカラー協会(略称:JPCA)

当協会のパーソナルカラーは、「似合う・似合わない」にとどまらず、「なりたい自分を演出する色」としてファッションや美容、商品企画など広い分野で活用できる「色彩効果」を提唱し、オリジナル理論(特許取得)普及のために検定試験を実施しています。

自己評価シート
一般財団法人日本福祉力検定協会

一般財団法人日本福祉力検定協会は、ノーマリゼーション社会を理想の社会と掲げ、誰にとっても生きやすい社会づくりに寄与するために、2014年10月より福祉力検定3級、2015年10月より福祉力検定2級をスタートさせ、2016年1月より試験が全国で受検できるようになりました。福祉力検定は、多岐にわたる福祉の世界をスモールステップで効率よく学ぶことができます。福祉に興味を持ち、これから身に付けたいと思っている方であれば、年齢や福祉経験など問わず、どなたでも受検が可能な新しい福祉の検定です。

ピアソンVUE

ピアソンVUEは、CBT業界のリーダーであるべく最先端のセキュリティ手法とテクノロジーを活用しながら世界中の約480に上る認定団体の資格試験を日々配信しています。
生体認証を含む厳格な本人確認、業界最先端の試験配信および採点テクノロジー、遠隔監視システム等、ピアソンVUEならではの付加価値あるサービスを多くの認定団体に提供しています。

一般財団法人 福祉サービス評価機構

SEO財団(福祉サービス評価機構)は、1997年創立の調査研究及びその成果に基づく教育研修、評価を行う非営利の法人です。取引先の大半が全国の自治体であり2府24県51市町村9広域、事務組合と首都圏から九州・沖縄まで広がっています。近年、中国上海の国立復旦大学と提携し、東アジアでの展開も行っています。

公益財団法人フランス語教育振興協会

当協会は、実用フランス語に関する技能検定試験および日本におけるフランス語・フランス文化普及のための事業を行い、もって日本の文化の発展に寄与することを目的とします。

自己評価シート
一般社団法人 プレゼンテーション検定協会 (略称:ACEP)

当協会は、世界の人たちが「伝え合う力」を向上させ、創造的で豊かな社会を築き上げることに貢献する目的で設立しました。“プレ検”は、2007年に創設され、10年間継続的に提供し、実施回数は80回以上になりました。現在では、インターネット受検により、毎月、受検期間内は24時間受検ができます。受検者は、社会人に加え、大学生・高校生も増加しています。
“プレ検”は、生きる力でもあるコミュニケーションに不可欠な「伝える力」を“見える化”できる検定制度です。

プロメトリック株式会社

プロメトリックは、CBT配信サービス及び試験開発支援サービスのリーディングカンパニーとして、25年以上にわたり国家試験やプロフェッショナル向け試験において、全世界延べ1億人以上、国内でも1,500万人以上の方々にCBT試験運営サービスを提供しています。また、当社株主のETS(TOEFL等の主催者で世界最大の非営利テスト開発機関)とともに、最先端の試験品質評価や試験開発に関するノウハウを提供しています。

該当する加盟団体は見つかりませんでした。

該当する加盟団体は見つかりませんでした。

該当する加盟団体は見つかりませんでした。

該当する加盟団体は見つかりませんでした。

ページの先頭へ